赤ニキビ

保湿と乾燥の使い分け

顔に赤みが出てきたと思ったら翌日膨らんでいて大きなニキビになっていた、などという経験をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

 

誰もが経験する事であり、思春期を過ぎても慢性的にでてくるという方もいます。

 

ニキビを解消する方法も様々で、体内の不健康な状態が発端となっている場合は生活改善などとなりますが、外側からのケアも大切です。外側から働きかけるスキンケアと言えば「保湿」につながりますが、どのようなニキビにおいても保湿が効果的というわけではありません。それぞれの肌質と原因を考えて対応していく必要があります。

 

例えば乾燥によって皮脂の生成が高まり、毛穴を圧迫している事が原因であれば、やはり保湿が大切です。しかし外気にさらされず湿っぽい状態が続く場合ですが、これも菌の繁殖に直結します。

 

外に露出していないお尻や背中などにできた場合は逆に乾燥させて衛生的に保つ事も大切です。また赤みを帯びている場合はその部分を紫外線から守る必要があります。

 

放っておくとさらに赤みが強くなってかゆみや痛みなどの自覚症状を引き起こす可能性もありますから注意してニキビの状態を観察しておくのがよいでしょう。

生活習慣を見直すことがニキビケアには重要です

ニキビと一言で言ってもその原因や状態はそれぞれに違いがあり、ケアの方法も異なります。赤みを帯びたもの、白く膨れているもの、さらには黒ずんでいるものもあり、肌質や色素の状態によっても違ってきます。

 

いずれにしても肌が常に健康な状態でなければニキビのような肌トラブルを引き起こしてしまうわけですが、肌を不健康にしてしまう原因としては「不衛生な状態」「ストレス」「ホルモンバランスの崩れ」などが挙げられます。

 

結局は全てにおいて、体内の不健康さが顔の皮膚にも伝染して現れているわけですから、日常的にニキビに悩まされているという人は生活習慣から見直す必要があるでしょう。

 

今は皮膚科でもニキビを専門的に治療している所もあるほどで、跡が残らないためのケア方法や痛みを緩和させる方法など様々な知恵が提供されていますから、あまり深刻な状態であればこういった医療機関に頼ってみるのもひとつの手です。

 

よりよい解消方法は人によって違いますからその見極めを医師にしてもらうのもよいでしょう。一度それが分かれば自宅でのケア方法にも違いが出てくるはずです。さらに跡を残さない事は最も大切ですから、これにおいては特に医師の力が必要です。

そういえば、ニキビは潰しても大丈夫なのでしょうか。実を言うと、ニキビは潰して良いものと潰してはダメな状態のニキビがあります。潰して良い状態のニキビは、炎症が落ち着いてきて、中の膿が白く盛り上がった状態のニキビです。このようになった状態のニキビは、膿が出てこようと芯ができ初めている状態ですから、専用の器具や針といったものを使えば、潰しても問題ないでしょう。ニキビが出来てしまうと気分が滅入ります。でも、実はお肌の調子って内臓の調子と結びついているらしいので、腸内の環境を良くしたら、結構きれいに消えてなくなります。とりあえずお腹すっきり快便生活から始めるためにバナナなどの食物繊維が豊富なものを食べて、不要なものを体から出していったら、ニキビもきれいに消えてしまいます。ご存知かもしれませんが、ニキビはアクネ菌のせいでできるので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を共有で使用したり、肌に直接触れてほったらかにして洗わずにいると、他の人のニキビがうつる可能性があるので注意しましょう。また、自分のニキビを触った後で、他の場所を触ると、そこにもニキビができる可能性があります。母親はニキビが多くて、自分も中学からニキビに悩まされ、二十歳を越えた現在でも、よくニキビができてしまうので、お手入れは意識してしています。そして、三歳になる娘もすでに鼻周辺の毛穴に角質がつまり始めています。あわれなことに絶対にニキビ肌になりそうです。遺伝は恐怖に値すると思いました。ご存知かもしれないですが、ニキビを予防するには、様々な方法があります。その中で最もメジャーなのは、きちんと顔を洗うことでしょう。顔は水だけで洗わずに、洗顔フォームを正しく使うと、より予防しやすくなります。洗顔のアフターケアとして、化粧水で保湿すると、ニキビ予防にはいっそう効果的です。